Dai Shin Kai Dojo - 大心会道場 | Kendo & Iaido

 

What is Kendo?

剣道の意味


剣道は日本の伝統的な剣術で、明治以降の呼称である。

一対一で打突しあい、稽古を続けることによって心身を鍛錬し、人間形成を目指す「武道」である。

 

防具(ぼうぐ)とは、剣道やなぎなた、銃剣道で装着する体の保護具のこと。日本拳法でも、直接打撃を行う稽古(実乱撃)において使用する。剣道においては、正式名称を剣道具(けんどうぐ)という。 竹刀や薙刀による打突の衝撃から、頭部や胸部などを保護する。 鎧並びに兜を基として、携帯性や着装時の動きやすさを吟味した上で形状・材質等の改良が重ねられてゆき、現在の様式へと変化した。剣道具の原形とされるものは17世紀半ば頃から剣術の流派である直心影流剣術などで存在したが、防具が剣道で採用され現在に近い形の防具が完成されたのは明治時代になってからである。

剣道具は、面(めん)・籠手(こて。小手または甲手とも表記する)・胴(どう)・垂(たれ)の4種から成る。

Kendo Bogu

 

国際剣道連盟は3年間ごとに世界大会、国内大会を後援し、世界の剣士が参加している。

大心会も亜剣道連盟の国内大会に参加している。

 

 
© 2017 - Dai Shin Kai Dojo - 大心会道場
info@daishinkai.com.ar