Dai Shin Kai Dojo - 大心会道場 | Kendo & Iaido

 

居合道の歴史


制定 居合道の経緯

全日本剣道連盟は、1952年、第二次世界大戦後に再興され、剣道修行者も習いやすい居合道の形をつくるために1955年(昭和30年)に吉澤一喜・正岡壹實ら人を招集して会合を持った。その後、1966年(昭和41年)に本格的な形の作成を企画し、研究委員会が発足した。1969 年(昭和44年)に7本の形が制定された。

師範名:

檀崎友彰
9段藩士
夢想神伝流
山蔦重吉
9段藩士
夢想神伝流
山本治助
9段藩士
夢想直伝英信流
正岡一実
9段藩士
夢想直伝英信流
武藤秀三
9段藩士
長谷川 英信流
神本栄一
9段藩士
長谷川 英信流
吉沢 一輝
9段範師
伯 耆 流
妻木正倫
8段教師
田宮流
末次留蔵
8段教師
夢想神伝流
額田 久
8段教師
夢想神伝流
尾村敬二
8段教師
夢想神伝流
澤山収蔵
8段教師
伯 耆 流

制定以後、 剣道修行者のみならず、居合道の初心者にも学びやすいことから、居合道修行者にも普及していった。また、全剣連では普及のために段位審査でも全日本剣道連盟居合を重視し、全剣連の主催する全日本居合道大会でも指定業としている。 1980年(昭和55年)、3本が追加され、日本剣道形に倣って10本とされた。1988年(昭和63年)には、解説文の用語、仮名遣い、文体などが理解しやすいものに改正され、「受け流し」などの業の改正もおこなわれた。

師範名:

檀崎友彰
9段藩士
夢想神伝流
神本栄一
9段藩士
夢想神伝流
橋本正武
9段藩士
夢想直伝英信流
和田鉢呂
8段教師
夢想神伝流
三谷義里
8段教師
夢想直伝英信流
澤山収蔵
8段教師
伯 耆 流

さらに、2000年(平成12年)に2本が追加されている。

1
2
後ろ
3
受け流し
4
柄当て
5
袈裟切り
6
諸手突き
7
三方切り
8
顔面当て
9
添え手突き
10
四方切り
11
総切り
12
抜き打ち


夢想神伝流の始まり

夢想神伝流とは、剣道範士中山博道が、細川義昌に長谷川英信流下村派を、森本免久身に長谷川英信流谷村派(註:江戸時代に谷村派、下村派という名称は無く大江の系統が後にそう称した)を学び、明 治の廃刀令以降、顧みられる事のなかった居合に、中山の研究や工夫を加えて復興した流派で ある。

なお、夢想神伝流という流名は、中山が無想神伝流、大森流、英信流など称して演武したため、中山の没後、弟子たちが夢想神伝流という流名で呼称を統一したものである。 (中山が細川に差し入れた起請文には「無双神傳英信流」(大正五年)とあり、伝書には、「神傳流極秘」(文政十年)、「長谷川居合傳書」(文政十二年)、 「長谷川流傳書」(天保七年)、「夢想神傳流哥之巻」(天保十二年)の文字が見え、既に江戸期~大正年間において様々な呼称・表記が並存していたことが伺 える。) 中山が全伝を伝えた門人は少なく、奥居合に無双直伝英信流の形を伝えている系統もあるため、業の並びや本数に違いが生じ、一部には道統(どうとう= 師伝の道筋)が混在してしまっているものも見受けられる。

夢想神伝流は、同じく長谷川英信流の系統である無双直伝英信流と並んで、居合の中で最多の門人を擁している。主に関東方面で盛んである。

初伝 大森流

1
初発刀
2
左刀
3
右刀
4
当刀
5
陰陽進退
6
流刀
7
順刀
8
逆刀
9
勢中刀
10
虎乱刀
11
逆手陰陽進退
12
抜刀

中伝 長谷川英信流

1
横雲
2
虎一足
3
稲妻
4
浮雲
5
山颪
6
岩浪
7
鱗返
8
浪返
9
滝落
10
抜打

奥伝 奥居合
立業の部

1
行連
2
連達
3
惣捲
4
総留
5
信夫
6
行違
7
袖摺返
8
門入
9
壁添
10
受流
11
暇乞其の一
12
暇乞其の二
13
暇乞其の三

奥伝 奥居合
座業の部

1
2
脛囲
3
四方切
4
戸詰
5
戸脇
6
棚下
7
両詰
8
虎走

 
© 2017 - Dai Shin Kai Dojo - 大心会道場
info@daishinkai.com.ar